ライブラリー

発信・報告

22.08.07セミナー「平和と協同組合の役割」報告書

22.08.07セミナー「平和と協同組合の役割」報告書

2022年8月7日、愛知県立大学との連携セミナー
「平和と協同組合の役割」報告書を掲示します

日本語と英語対訳で編集しています。

8つのpartで掲載します。

開会挨拶 Opening remarks
松宮 朝 教授 愛知県立大学 教育福祉学部 社会福祉学科
Professor Ashita Matsumiya
Department of Welfare Science, School of Education and Welfare,
Aichi Prefectural University


日のセミナー「平和と協同組合の役割」を共催させていただきました、愛知県立大学教育福祉学部
社会福祉学科の松宮です。これまで、愛知県立大学においても、東日本大震災の広域避難者支援の取
り組みや、愛知県を中心に、多文化共生の取り組みにかかわる、研究・教育活動を進めて参りました。
本日はみなさまの実践を学ばせていただきながら、今後、社会福祉の枠組みでできることを模索して
参りたいと考えております。本日はどうぞよろしくお願い申し上げます。

I am co-sponsoring today's seminar, "The Role of Peace and Cooperatives. I am Matsumiya from the Department of Social Welfare, Faculty of Education and Welfare, Aichi Prefectural University. At Aichi Prefectural University, we have been engaged in research and educational activities related to multicultural conviviality, mainly in Aichi Prefecture, as well as in efforts to support wide-area evacuees from the Great East Japan Earthquake. Today, we would like to
learn from your practices and explore what we can do within the framework of social welfare in the future. Thank you very much for your cooperation today.

Part
表紙 Cover
目次 Table of Contents
開会挨拶 Opening remarks
「協同組合と平和」趣旨説明 Purpose of the Seminar

Part

Part
報告 峩同組合は平和をもたらすことができるのか」

Part

Part
Video Message
報告◆崔楼茲閥同組合 ウクライナ避難民の受け入れを通じて」
Video message

Part

Part
報告「協同組合と平和構築 ポーランドにおけるウクライナ難民支援」

Part

Part
(資料)SOCIAL INTEGRATION CENTER 社会統合センター

Part

Part
(資料)The 33rd ICA World Cooperative Congress and its Research Conference, Seul 2021
第33回ICA世界協同組合会議とその研究会議、Seul 2021

Part

Part
報告 愛知でのウクライナ避難民支援の取り組み

Part

Part
パネルディスカッション Panel Discussion
閉会 Closing

Part



このページの先頭にもどる